オーエヌオ―メガネ(小野眼科クリニック隣)

 

お知らせ

 お持ちのサングラスに度を入れて、紫外線から目を守りましょう

紫外線の強くなるこれからの季節、度のあったサングラスを掛け、目を紫外線から守ることをお勧めします。

紫外線から目を守ることで、角膜の炎症や白内障など目の疾患だけでなく、お肌のしみや変色をも引き起こす場合があるため、眼科的、美容的観点の両方からみて、長期間吸収し続けるのは危険だと言われています。

強くなる紫外線から目を保護するため当店では、UV400カットのレンズは当然のこと、黄斑変性症などの網膜疾患に影響しているとされるUV420をカットするレンズも取り揃えております。

今お持ちのお気に入りのサングラスやフレームにしっかり度を合わせてお客様の目に合ったサングラスを作ることができます。

当店では常に1級眼鏡作製技能士が検査いたします。
親切、丁寧に度数を合わせ、加工をし、お顔に合った掛けやすいメガネに調整いたします。

是非一度、ご来店ください。お待ちしております。

 

 

小野眼科クリニックに隣接するJY駅北コンタクトの姉妹店として 眼鏡の販売を手掛けるオーエヌオーメガネを開設しました。 皆様の生活が眼鏡を通じてより良いものになるよう、国家資格で ある1級眼鏡作製技能士の資格をもつメガネのエキスパートが 眼鏡フレーム、レンズを提案、検眼、加工・調整まで行い、掛け やすい眼鏡を作らせていただきます。

所在地:〒410-0056 静岡県沼津市高島町8-8沼津駅北口より徒歩1分
TEL:055-929-7880 FAX:055-929-1880

【セット価格】
・単焦点(フレーム+レンズ) ¥10,000〜
・遠近両用(フレーム+レンズ) ¥18,000〜
  各種フレーム、特殊レンズもご用意!
 

 

酸化ストレスから眼を守るレンズ「ルティーナ」

 横斑色素は網膜の中で光の散乱を抑えるため、色素の多い人は コントラストといって白の区別がはっきりする(ぼやけの緩和)上、夜間に生じるグレア(対向車のライトがまぶしかったり、電球の光がぎらぎらすること)が弱くなります。この横斑色素は年齢とともに減少しやすく60代以上は20代、40代よりも色素量が少ないという事が報告されています。光による酸化ストレスが視細胞や網膜色素上皮細胞を障害することが加齢黄斑変性症の発症に深くかかわっています。
黄斑色素の量と加齢黄斑変性には深い関係があり、色素量が少ないと加齢黄斑変性を発症しやすいと考えられます。

 つまり、高齢者ほどルテインを含む黄斑色素をしっかり眼に蓄えておくことが重要になります。そこで光の酸化ストレスから黄斑色素の減少を防ぐ事が大事になります。
このような酸化ストレスから黄斑色素を守るにはどうしたらよいか、解決策の一つがルティーナの装用です。ルティーナは一般的な紫外線カット付きレンズの機能に加え、400〜420nmの光を効率的にカットする機能を持っています。これらの光をカットすることで黄斑色素を保護し、酸化ストレスから眼を守る効果が期待できます。

 

遮光レンズ

 遮光レンズは、ぎらつきを抑え、コントラストを上げる高機能レンズまぶしさの原因となる短波長光(紫外線+青色光線)を効果的に低減し、それ以外の光を出来るだけ多く通すように作られたカラーフィルターレンズです。社交レンズを用い、まぶしさを軽減することで、対象物と背景の明と暗をはっきりさせ、コントラストを改善します。

★一般的なサングラスに比べ明るさを確保します。

 一般的なサングラスはまぶしさの原因となる光だけでなく明るさを感じる光も抑えてしまい、少しくらい所では視界が暗くなりすぎることがあります。社交レンズは眼に入る光を選択し必要な光はできるだけ多く取り込むため、同色・同濃度のサングラスに比べ明るさを確保します。

 

営業日・受付時間

こども用メガネの選び方のポイントは・・・

● 軽くて丈夫なこと
メガネに慣れていないお子様でも嫌がらずに掛けられるよう、軽いメガネがおすすめです。また、活発なお子様はメガネをぶつけたりして曲げてしまうことがしばしばあります。このため、慣れにくい
もの、万が一メガネが曲がったり変形した場合には、修正のできるメガネがおすすめです。

● アフターケアが充実していること
メガネの一部だけが破損した場合、全体を交換するのではなく、部品単体での交換が出来れば経済的な負担が少なくなります。

● 顔に合ったサイズで掛け心地が良い
気に入ったデザインのメガネが見つかっても、それがお子様の顔にぴったりと合わせられる大きさでなければ快適に使用することができません。また、お子様は動き回ることが多いため、メガネが
ずれる事が多いです。メガネがずれるとレンズの中心から視線がはずれ、正確な矯正が出来なくなってしまいます。

 
 
サイズと掛け心地は、お子様のメガネ選びにおいて大変重要です。
まず、お顔に合うサイズのずれにくいメガネを選び、それからデザインを選んでいく方が良いでしょう。
 

トップに戻る